・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガ
「日本の旬を10倍楽しむ秘訣!」
2009年7月 : 第33回目





こんにちは。
おいしいものが大好きな、土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の竹村です。


あなたは【おいしいものをさらにおいしくして食べたい!】
と思いませんか?
このメルマガは、日本の旬の本当においしいものをご紹介し、
さらに一層おいしくして楽しむ秘訣も併せて、
月1回程度のペースでお届けいたしております。


さて、暦の二十四節気で最も暑くなる日と言われる
「大暑」(今年は7月23日)を過ぎ、
毎日暑い日が続いていますが、
皆様は夏バテなど、大丈夫でしょうか?
そこで夏バテ予防食の代表格、
ウナギを今回は取り上げましょう。


ウナギといえば「土用の丑の日」で、
今年は7月19日にもう終わったと思われている方が
少なくないかもしれませんが、
実は今年の「土用の丑の日」はもう1回あるんです!


まず「土用」とは、春夏秋冬の各季節の最後の18〜19日間をいい、
「土用明け」は次の季節の始まる日の前日になるのだそうです。
つまり夏の土用は立秋の前の日に終わるということ。
本来は、立春、立夏、立秋、立冬の前の18〜19日間を
土用と言っていましたが、
現在では「夏の土用」以外はほとんど言われなくなっているようです。


そして「丑の日」ですが、
現在の十二支は「年」にしか割り振られていませんが、
元々は日や時刻や方角などにも適用されていました。
つまり、現在の曜日と同じように、
十二支が日付に割り振られていたのです。
と、いうことは、12日に1度は「丑の日」が巡ってくるということで、
「土用」は18〜19日間ですから、
「丑の日」が2回ある年が出てくる訳なのです。
ちなみに2回目の「丑の日」は「二の丑」と言い、
今年の「二の丑」は7月19日から12日後の、
7月31日になるという訳です。


ではなぜ「土用の丑」にウナギを食べるのかというと、
諸説あるようですが、
平賀源内さんが発案したという説が一般的です。
江戸時代、商売がうまくいかない鰻屋さんが、
源内さんに相談したところ、
「丑の日に『う』の字が付くものを食べると夏負けしない」
という民間伝承からヒントを得た源内さんが、
「本日丑の日」と書いた貼り紙を店頭に貼ることを勧め、
その鰻屋は大変繁盛したということに由来しているのだとか。


またウナギの旬についてですが、
実はウナギに一番脂がのるのは秋から冬場。
真冬は冬眠していて捕れませんから、
脂が一番のった頃を旬とすれば、
9〜11月頃になるでしょう。
しかしウナギは魚介類の中でも特に栄養価の高い食品で、
夏バテや食欲減退防止、滋養強壮には最適。
そういう意味では、夏場にウナギを食べるというのは、
なかなか理にかなった習慣であり、
夏場がウナギの旬であるといっても問題はなさそうです。


ちなみにウナギの栄養成分としては、
皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAや、
ホルモンのバランスをコントロールするビタミンE、
脳の働きを活発にするDHAやレシチン、
血管を丈夫にするEPAなども多く含まれています。


さて、そんなウナギ料理といえば、蒲焼きが一般的。
しかし今回はちょっと目先を変え、
土佐の高知らしく「ウナギのタタキ」なんてのはいかがでしょう。
タタキとはいっても、ウナギの場合は完全に火を通します。
白焼きにしたウナギを切って大皿に盛りつけ、
カツオのタタキ風にネギやタマネギや青シソなどを刻んで、
タップリと上に乗せ、
二杯酢をかけていただくのです。
これなら、蒲焼きみたいにコッテリでなく、サッパリしていて、
食欲がない時でも、いくらでも食べられそうです!


そして、そんな「ウナギのタタキ」の美味しさを、
さらに倍増させる方法があるのです!
それは、スッキリ爽やか系の日本酒を合わせていただくこと。
そんな日本酒なら、ウナギの旨みとも、
二杯酢の酸味ともケンカすることなく、
一層美味しさを引き立ててくれるのです。


そして、「丑の日に『う』の字が付くもの」ということで、
「宇宙のパワーで夢を叶える純米酒」などはいかがでしょう。
ロケットに搭載され、
宇宙を旅した高知県産酵母と高知県産米で仕込まれた日本酒が、
前代未聞の「土佐宇宙酒」です。
そして2009年度からは、高知県内蔵元各社から、
「宇宙純米吟醸酒」と「宇宙純米酒」の、
2タイプが発売されており、
司牡丹の「宇宙純米酒」が、
「宇宙のパワーで夢を叶える純米酒」なのです。
味わいは、まるで宇宙まで突き抜けるほどスッキリ爽やかで、
「ウナギのタタキ」には最適なのではないでしょうか。
ウナギの栄養価と宇宙のパワーで、
夏バテなんか、一気に吹き飛んでしまうことでしょう!


春夏秋冬、山川海、四季折々のおいしい旬の食材に恵まれた日本。
それら旬の食材を、より一層おいしくしていただきましょう。
そしてそのために、日本酒を上手に活用しましょう。
そんな食生活こそが、あなたの人生を健康で楽しくし、
10倍豊かなものに変えてくれることでしょう。


■ 「司牡丹・土佐宇宙酒・宇宙のパワーで夢を叶える純米酒」の詳細はこちら!
http://www.tsukasabotan.co.jp/tukasa/ucyuu-Ryuu/utyuusyu/ucyuu-Ryuu.html


■ プレゼントやご贈答に最適!前代未聞!世界でひとつだけの一点モノ!和紙ラベルに一枚一枚書道家が酒墨で直筆!芸術作品日本酒が誕生!「司牡丹・紅華一点」(純米吟醸酒)の詳細はこちら!
http://www.tsukasabotan.co.jp/tukasa/kouka-1ten/kouka-1ten/kouka-1ten-2.html


■ メルマガ「日本の旬を10倍楽しむ秘訣!」  司牡丹酒造(株)発行       


■ 司牡丹の公式ホームページはこちら。
  http://www.tsukasabotan.co.jp

■ 「司牡丹」社員がコッソリ教える、土佐の旬のうまいもの情報のブログはこちら。
  http://tosa-no-umaimono.cocolog-nifty.com/blog/

■ 老舗日本酒蔵元「司牡丹」社長が語る裏バナシblog「口は幸せのもと!」はこちら。
  http://blog.livedoor.jp/tsukasabotan


▼メールアドレス変更、配信停止は下記からお願いいたします。
  メールマガジンのアドレス変更・配信停止はこちら。
  akihiko@tsukasabotan.co.jp