・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メルマガ
「日本の旬を10倍楽しむ秘訣!」
2008年3月 : 第17回目



件名:【日本の旬を10倍楽しむ秘訣!】<17>



こんにちは。
おいしいものが大好きな、土佐の高知の日本酒蔵元「司牡丹」の竹村です。

あなたは【おいしいものをマズくして食べたいですか?】
そんな人がいるワケない?・・・でも、本当にそうでしょうか?
もしかしたらあなたも、知らず知らずのうちに、
おいしいものをマズくして食べているかもしれないのです!

このメルマガは、せっかくの日本の旬の本当においしいものを、
マズくして食べるようなことのないように、
一層おいしくして楽しむ秘訣を、月2回程度のペースでお届けいたします。

さて、いよいよ桜が満開の春真っ盛り。
フレッシュマンの季節であり、人事異動のシーズンですね。
また、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期でもあります。
こんな季節には、緑黄色野菜の優等生、菜の花はいかがでしょう?
菜の花なんて栄養あるの?と思われるかもしれませんが、
実は菜の花は大変栄養価の高い緑黄色野菜の優等生だったのです!

菜の花は、ビタミンA、B、Cの含有量がホウレン草以上に豊富。
さらに鉄分、カルシウムの含有量は野菜の中でもトップクラス。
そのため、貧血の予防、抵抗力を高める効果、美肌効果、
肩凝り緩和効果、骨粗しょう症予防などが期待できるのです。

また、カリウムや辛味成分のイソチオシアネートも含まれており、
血液をサラサラにして血栓予防をしたり、
高血圧にも効果を発揮するのだとか。
さらに食物繊維も多く含むため、腸を整え、
便秘の解消や大腸ガンの予防にも効果的だというのです。

まだまだありますよ!
菜の花は、アルカリ度が高いため、イライラなどを緩和したり、
精神を安定させてくれる働きもあるというのです。
季節の変わり目や生活環境の変化で体調を崩したりしやすいこの時期、
菜の花はまさに最適な旬の食材だったんですね!

ではここで、そんな旬の菜の花を使った簡単なお料理を、
ひとつだけご紹介しておきましょう。
「菜の花の辛子和え」です。
作り方はいたって簡単。
まず塩少々を加えた熱湯で、菜の花を短時間で手早くゆでます。
水気をキュッと絞り、少量のお醤油で混ぜ、
再び水気を絞り、本番の味付け。
お醤油と和辛子をお好みで適宜加えて混ぜ合わせれば、
早くも「菜の花の辛子和え」の完成です!

シャキシャキした歯ごたえと、菜の花独特のほろ苦さと、
辛子の辛味とお醤油の風味が絶妙にマッチして、
まさに爽やかな春を告げる味わいです!
これはお酒が欲しくなる、春に最高の酒肴ですね!

・・・と、いうことで、
この「菜の花の辛子和え」のおいしさをさらに倍増させてくれる、
まさにこの時期にピッタリの日本酒をご紹介いたしましょう。
その名も、「司牡丹・土佐宇宙酒〈2008〉」(純米吟醸酒)
ロケットに搭載されて宇宙を旅した日本酒酵母。
その宇宙酵母を使って仕込まれ、世界で初めて商品化に成功したのが、
土佐宇宙酒」なのです!
一昨年春に初めて商品化され、
全国に報道されてすぐ品切れになったというその伝説のお酒の3年目が、
つい先日の3月21日(3、2、1、発射!)発売解禁になったばかり!
しぼりたてホヤホヤの今年の新酒でもあるのです。

また、この世界初のお酒は、
宇宙を旅した酵母で仕込むなどという、
到底実現不可能と思われていた壮大な夢を実現したお酒であり、
また宇宙の神秘なパワーが宿っているとも言われることから、
このお酒でその年の恵方(今年の恵方は南南東)を向いて、
夢を唱えながら乾杯すれば、その夢が叶うと言われている、
まさに宇宙一乾杯にふさわしいお酒なのです!

その香りは、大変フルーティで、
果物のような華やかな香りが口中いっぱいにあふれ、
鼻から脳天に抜け、天まで届くかのよう!
味わいはなめらかで爽やかな旨みが宇宙空間のように膨らみ、
ス〜ッと消えていきます。
この季節、新しい環境で新たなスタートをきる乾杯のお酒として、
これほどふさわしいお酒はないのではないでしょうか?

この「司牡丹・土佐宇宙酒〈2008〉」と「菜の花の辛子和え」を合わせれば、
互いのおいしさを見事なほどに引き立てあい、
まるで春の生命力と宇宙のパワーが、
体内にみなぎってくるようなおいしさです。
これほど春の新たなスタートの季節にふさわしい組み合わせは、
他にはないのではないでしょうか?

春夏秋冬、山川海、四季折々のおいしい旬の食材に恵まれた日本。
それら旬の食材を、わざわざマズくして食べることなく、
より一層おいしくしていただきましょう。
そしてそのために、日本酒を上手に活用しましょう。
そんな食生活こそが、あなたの人生を健康で楽しくし、
10倍豊かなものに変えてくれることでしょう!



■菜の花の辛子和えに最適な「司牡丹・土佐宇宙酒〈2008〉」はこちら。
http://www.tsukasabotan.co.jp/tukasa/uchu_shu2008-03/uchu_shu/uchu_shu.html

■ メルマガ「日本の旬を10倍楽しむ秘訣!」  司牡丹酒造(株)発行       


■ 「司牡丹」社員がコッソリ教える、土佐の旬のうまいもの情報のブログはこちら。
  http://tosa-no-umaimono.cocolog-nifty.com/blog/

■ 老舗日本酒蔵元「司牡丹」社長が語る裏バナシblog「口は幸せのもと!」はこちら。
  http://blog.livedoor.jp/tsukasabotan

▼メールアドレス変更、配信停止は下記からお願いいたします。
  メールマガジンのアドレス変更・配信停止はこちら。
  akihiko@tsukasabotan.co.jp


▼メールアドレス変更、配信停止は下記からお願いいたします。
  メールマガジンのアドレス変更・配信停止はこちら。
  akihiko@tsukasabotan.co.jp